M1130001
M1130001

press to zoom
31102375_225992764824095_375392897723269
31102375_225992764824095_375392897723269

press to zoom
40265434_2183488791922676_14477261012992
40265434_2183488791922676_14477261012992

press to zoom
M1130001
M1130001

press to zoom
1/7
あらゆる武術
格闘技に
通じる太極拳理論
  • 秀武館武術東村山道場
  • YT秀武館武術東村山道場
  • Twitterの社会のアイコン

​池田師範による指導

太極拳理論の応用例を
YouTubeにUPしています!

「太極拳理論からの様々な武術への応用」動画について

私は武術をただの強さだけではなく、生活の一部としてとらえている。本来、危機的な状況を回避するためのものであり、大切なものを守りぬくために武術はある。山での修行は一つの手段かもしれないが、普段の日常生活にいかされるものでなければならないと思う。肩書はやってきたことを広めるためには必要かもしれないが、非常時にはなんの役にもたたない。大切なのは非常時に持っている能力をどれだけだせるか、どうかである。

本当の実戦においては、危害を加えるものを相手にして体格、能力が違うという理由は通らない。相手を選べない。強くなるまで待ってとは言えないのである。

今持っている力を最大限に出すしかないのである。

私は最強はないと思っている。なぜなら全人類と相対すことはできない。要は自分に直面した相手や事象に最善をつくすことしかない。

しいて最強というなら出会った相手に負けなかった人のことだろう。

よく武術は何十年もやらなければ身につかないとか思われているが、局面は待ってはくれない。その時最善な対応ができるかどうかが一番大切なのである。そのために先人達はその最善策を考えてきた。それが秘伝と言われるものだ。危機的状況の回避する術が武術はつまっている。そこに奥の深さがある。

太極拳にはたくさんの言葉がある。太極拳理論は武術の本質をついていると私は思っている。

太極拳理論は、あらゆる武術にも通じるものだという信念があり、その理論を基盤にしていろいろな武術を解明する取り組みが我が秀武館武術の柱である。